空手部紹介

 

 新入生の皆さんに

東海大学体育会空手部の紹介をします。

 

私たち東海大学体育会空手部は、1947年(昭和22年)に東海大学の前身である「東海科学専門学校」のときに創部された本学の課外活動団体の中でも、最も伝統のあるクラブです。

現在は1年生から4年生まで約20名という少ない人数で活動していますが、 関東学生空手道連盟に加盟しており、毎年、東日本、関東、全日本等の大会に出場し、頑張っています。

 「空手部」というと、封建的で危険なイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
「明るく・楽しく」をモットーに、けじめをつけながらも上下関係は緩やかで和気藹々と活動していますし、毎日の稽古も学生と監督が話し合い、自主的でとても前向きな雰囲気の中でプログラムを作っています。なのでこれまで大きな怪我となった事故は一件もありません。

 だだし、趣味や遊びのサークルではありません。切磋琢磨する中で、稽古の時は安全のためにも緊張をしていなければなりませんし、チームの目標に向かって全員が協力をすることも求められます。したがって最低限の規律が必要と考えています。

私たちの目的は「空手を通しての人間形成」にありますが、このような活動の中でこそ、授業や教室では得られないリーダーシップや忍耐力、また自主性や協調性などの社会性を自然と身につけることが出来るのだと思います。

 近年の試合の成績は、東日本大会、関東大会、全日本でベスト8を行ったり来たりで、あと一歩で悔しい思いをしています。しかしこれらの大会で優勝を狙える実力は着々と付いてきていると感じています。

 監督は、OBでもある前田利明 体育学部非常勤講師です。

前田監督と鈴木雄一コーチの二人は、世界選手権での優勝をはじめ、アジアや国内のタイトルを殆ど獲った空手界では有名な二人です。前田監督はナショナルチームの監督、鈴木コーチもナショナルチームのコーチを務めていました。二人とも多忙なため毎日指導を受けることは出来ませんが、初心者にも優しく指導をしてくれます。

加盟している団体は、関東学生空手道連盟の他に、神奈川県空手道連盟、全日本空手道連盟の構成団体の
一つである「和道会」にも加盟していますが、経験をしてきた流派にこだわりはありません。また、これまでの部員の中には大学から空手をはじめた人も多く、初心者からレギュラーや国体選手になった人も多数おり、全員が全日本空手道連盟公認の黒帯をとって卒業します。

 OB会も600名を超すOBが社会の一線で活躍しています。

常日頃から資金援助をはじめ、就職の相談に乗ってくれたり、コンパの時などに多くの人生経験を聴けるのも魅力です。

  以上、簡単に空手部を紹介してきましたが、現在部員の少なさが一番の悩みです。

新入生の皆さんの入部をお待ちしています。

ぜひ私たちと充実した4年間を過ごしてみませんか? いつでも心から歓迎します。

             2016年4月1日 体育会空手部 部員一同

 

spic_1869_1.gif
空手道専門雑誌「JKFan」(ジェイケイファン)の2016年10月号にて
東海大学空手部が紹介された記事です。ご参考にしてください。
[ファイル]
PDFファイルはこちらをクリック!!

 

◆ 練習日・場所等

 練習日は大学の授業期間中の月曜日から土曜日 毎日2時間程度

(試験期間前と試験期間中は休みです。)

練習場所は大学武道館もしくは付属体育館

 


 

 

 ◆部費、その他

 部費は1ヶ月3000円〜5000円程度

試合、合宿、コンパ時は別途徴収する場合があります。

稽古着 1着 2万円程度

 


 

 

◆連絡先

 Eメール:info@tokai-karate.com   もしくは

      学生マネージャー 川本みのり
      minori10201020@icloud.com
                   080-3524-2089

 


 

 

見学

 月から土曜日 いつでも声をかけてください。